マッサージとは

query_builder 2022/06/15
健康情報




マッサージのイメージ

疲労回復や健康増進を目的に、
主に手で皮膚や筋肉をさすったり
、もんだり、たたいたりすることで
血液やリンパの循環を促して
新陳代謝をアップさせる

マッサージはフランスで生まれた手技
(仏、massage、マサージュ)で、
その語源は、ギリシャ語のマッシー
(押す・こねる)、
アラビア語のマス(もむ)、
フランス語のアジ(操作する)
等といわれています。

日本にマッサージが伝わったのは
明治時代の半ば。

その後、フランスやドイツから伝わった
西洋的な手法と、
中国の按摩をはじめとする
東洋式の手技が融合することで、
日本独自の発展をしてきました。

現在、マッサージやリラクゼーションは
サロンでの施術のほか、
スポーツやリハビリテーション、
また美容・健康目的のセルフケアとしても
広く取り入れられています。

マッサージの手法

マッサージというとさまざまな種類が
思い浮かぶことと思いますが、
元々マッサージとは、
主に静脈系の血液循環や、
リンパの循環を促す目的で行われる
手技療法を指します。

手のひらや指を使って体を摩擦したり、
圧を加えて血液やリンパの流れを改善。

新陳代謝を促し、
筋肉や神経の機能を回復させていきます。

按摩とは逆に末梢から
中心へ向かって施術を行うのが特徴で、
手で直接皮膚に触れますが、
場合によってはオイル等の
潤滑剤を用いることもあります。

また、運動の前後に、
筋肉の緊張をほぐすために
マッサージが行なわれることもあります。

マッサージの歴史

マッサージの起源は古く、
その原型は紀元前4世紀頃に
ギリシャで生まれたといわれています。
ギリシャの医師が医学としてのマッサージの
必要性を説きましたが
周囲には認められず、
その時点では民間療法にとどまっていました。

医療法としてのマッサージが
確立されたのは16世紀後期。

マッサージの効能や医療としての
必要性を研究したフランスの医師により、
医療法としてのマッサージが見直され、
広まるようになりました。

18~19世紀頃にかけてスウェーデンの医師が
考案したマッサージをもとにして欧州に広まっていき
現在も医療技術のひとつと伝えられています。

NEW

  • 不眠症

    query_builder 2022/05/25
  • 腹筋を割るなら 先ずは食事改善8っのルール 其の8

    query_builder 2022/05/22
  • 腹筋を割るなら 先ずは食事改善8っのルール 其の7

    query_builder 2022/05/18
  • 腹筋を割るなら 先ずは食事改善8っのルール 其の6

    query_builder 2022/05/15
  • 目のストレッチ

    query_builder 2022/07/03

CATEGORY

ARCHIVE